仙台けやきユニオン

私たちは仙台を拠点に活動する個人加盟ユニオン(労働組合)です。仙台市を中心に、宮城県全域の労働相談を受け付けています。正社員・非正規雇用や業種・職種を問わず、どんな方でも加入できます。一人ひとりの問題を解決しつつ、ブラック企業をなくすことを目指して活動しています。

労働相談はこちら

求人詐欺問題の改善については前進するも社長が虚偽の回答!?社長、ちゃんと団体交渉に出てきて真実を語ってください!(足利セラミックラボラトリー)

活動報告

仙台けやきユニオンでは、労働者にとってより良い環境を築くため、一丸となって会社と交渉を行なっています。けやきユニオンは、1人からでも活動できる労働組合です。

この度2019年1月31日、群馬県太田市に本社を置く、株式会社足利セラミックラボラトリー(歯科技工所)との3回目の団体交渉が行われましたので、この会社との団体交渉の進捗を報告します。

 

〇交渉の中で、求人詐欺となってしまっていた事実を認めた会社!しかし未払い残業代の遅延損害金や求人詐欺の損害賠償は払わない姿勢。

この会社は求人票には、基本給与17万円、その他の手当各種、という記載をしていましたが、実際に入社してみると基本給の17万円の中に固定残業代3万7千円が含まれていました。当初、固定残業代についての説明はありませんでした。この件についてユニオンは元の契約(求人票の条件)に戻すよう求め、損害賠償も求めています。

そして交渉を重ねる中で会社は、求人表と実際の労働条件が異なっていた事について「求人票の記載上、十分な説明がなされていなかった」旨を認め、謝罪の言葉を述べました。その結果、当事者であるYさんの給与は求人票通りとなり、固定残業代はなくなり別途残業代が支払われることになりました。これは、大きな成果です。

しかし会社は、未払い残業代の遅延損害金や、求人詐欺の損害賠償をする事に同意していません。この件についてきちんと責任をとってもらわなければ、会社にとって「やり得」の状態で、再発防止への期待が出来ません。ユニオンは現在も求人詐欺に関する損害賠償等を求め交渉を続けています。

 

〇残業代未払いについての是正勧告もでている。きちんと改善してほしい。

Yさんは、未払い賃金の件について労働基準監督署に申告をしたところ、昨年11月に、労働基準法第37条違反の是正勧告が会社に出されました。他にも会社の違法行為は存在し、監督署が調査を行なっています。この件を通じて、他の社員についても労働環境がよくなってくれることを望みます。

 

〇パワハラの張本人である社長が事実と異なる供述をした為、ユニオンは録音データ等のパワハラの証拠を提出しました!

この会社の社長である宗村氏は、2018年7月に、組合員Yさんに対し、仙台事業所への転勤を命じました。ただの転勤にもかかわらず、会社はYさんに新しい雇用契約書を結ぶように求めました。その契約書には、基本給14万円、固定残業代3万3千円、となっており、「固定残業代」がついた契約を追認させるものでした(入社時には契約書が出されていませんでした)。明らかに求人票の条件とは違い、労働条件の不利益変更となる内容が記載されていたのです。Yさんは当然、契約書へのサインを拒否しました。

その時の面談で社長は、Yさんに対して、「会社の方針に添えないって話ならもう雇用関係は無くなっちゃったって事だよ」「この契約書にサイン出来ないと言う事は、逆に雇用関係は発生しないと言う事だよ。雇用関係が発生しないと言う事はウチの会社に居ないという事だよ」等と発言を繰り返し、新しい契約を結ばなければ雇用契約がなくなるというような脅しのような発言をしていました。Yさんは、転勤だけでも大きな影響をうけるのに、労働条件の不利益変更に応じなければ職を失い収入を絶たれるかもしれないと恐怖しました。

ユニオンは、この社長の発言・対応はパワハラであると考え、社長自らが団体交渉にでてきて説明し、反省するよう求めました。しかし、社長は団体交渉に一切出てきません。何度申し入れても出てこない姿勢はユニオンは不誠実だと考えていましたが、より不誠実なことが起きました。会社は社長に事実確認をしたが、こうした発言をしていないと主張しました。しかし実際は、Yさんはこの時のやり取りを録音していたので、発言した事実は残っていたのです。会社は事実を隠蔽したのです。ユニオンは、再度社長自身が団体交渉に出てきて誠実に対応をするよう申し入れましたが、会社は現時点では社長を出す気はないようです。ユニオンは、今後も社長の団体交渉への出席を求め、抗議活動を継続していきます。

 

〇会社は労働環境を改善しているというが、継続して監視していく必要があります。

会社は、団体交渉の中で、求人と実態が違うことや残業代が未払いになっていたことなどについては、改善していくといっています。それ自体は良いことですが、改善が実際なされ、よい環境になっていくためには継続的に監視が必要です。これからもユニオンは改善を求め続けていきます。ご支援をよろしくお願いいたします。

 

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ
TEL:022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休)
MAIL:sendai@sougou-u.jp
HP: http://sougou-u.jp/sendai/
twitter:@sendaikeyaki_u
facebook:@sendaikeyakiunion
**********************************

コメント