仙台けやきユニオン

私たちは仙台を拠点に活動する個人加盟ユニオン(労働組合)です。仙台市を中心に、宮城県全域の労働相談を受け付けています。正社員・非正規雇用や業種・職種を問わず、どんな方でも加入できます。一人ひとりの問題を解決しつつ、ブラック企業をなくすことを目指して活動しています。

労働相談はこちら

「NICE FIGURE SKATE」で従業員が8か月も賃金未払い!支払いを求めて団体交渉を申し入れました。

未分類

私たち仙台けやきユニオンは、仙台市泉区にあるスケートショップ「NICE FIGURE SKATE」に団体交渉を申し入れたので、詳細をご報告いたします。

〇従業員は8か月も基本給が未払い!?過酷な労働環境の日々

今回ユニオンに加盟し、交渉を申し入れたのは、この店で働いていたDさんです。Dさんは2017年にこの店の面接を受け、4月から働き始めました。入社前に前職での月給は20数万円だと伝えたところ、「毎月20万円は難しいが、そのくらいはお支払いする。今の従業員にもそのくらいお支払いしているのだが辞めちゃって困っている為すぐ来て欲しい」と言われていました。しかし、実際は13万5千円を支払うという条件でした。当初の話とは違いましたが、将来はスケートショップを開きたいという夢があったため、入社しました。そしてその後待っていたのは、賃金が全くもらえないという無賃労働の日々でした。なんと、残業代どころか、基本給すら一切もらえなかったのです。契約書に書いてある基本給は13万5千円でしたが、この通りの金額をもらったことは一度もありません。1日休憩もなく、8時間~9時間働いており、残業が多いときもありました。残業代も本来は発生していましたが、それももらえませんでした。

唯一、生活苦を相談したときに車の車検代や滞納していた家賃代分として20万程度もらいましたが、それ以外には支払われませんでした。ユニオンが計算した未払い賃金は約100万円に上っていました。店長へ給与の支払いを求めて相談した際には、店長は開き直り、「払うわけないだろ。無い袖は触れない」などと言われました。「本当は払ってやりたい」という言葉もありましたが、結局は一切給料としては支払ってくれませんでした。

 

〇賃金がもらえないからダブルワーク・トリプルワークを強いられた

Dさんは、スケートショップを開くという夢をかなえるため、この店で耐えて働いていました。お客さんの喜ぶ顔も励みでした。しかし、その一方で生活は苦しくなり、これまでの貯金を使い果たした後は、周囲から借金をしたり、ダブルワーク・トリプルワークで生計を立てていました。その結果、身体的にも精神的にも追い込まれてしまい、体調を崩してしまいました。周囲にも迷惑をかけてしまったことを、Dさんは今も悔やんでいます。

 

〇散々使われた挙句に、店を追い出された

Dさんは限界を迎えたため、店長に未払い賃金を支払ってほしいということと辞めたいということを伝えました。店長はその場では謝ってくれましたが、そのあと経営者である店長の妻がでてきて、「出ていきなさい」と追い出されました。このようなことはあんまりだとDさんは思いましたが、体調も悪かったため、そのまま店にはいかなくなりました。この店で働くにあたりフィギュアスケート選手のスケートメンテナンスとフィッティングの習得をさせてくれるということでしたが、結局習得前に追い出されてしまいました。しかも、その後未払い賃金が支払われるということもありませんでした。

 

〇労働基準監督署を利用。未払い賃金について支払うよう是正勧告がでる。その後、ユニオンに加盟し、交渉を申し入れる

その後、しばらくはDさんは体調不良と生活苦のためのダブルワークで苦しんでいましたが、改めて今回の件に責任を取ってもらいたいという思いを持ち始め、通っている整骨院の先生からの勧めもあり、ユニオンに相談をしました。そこで、違法行為への対処法を知り、ユニオンと一緒に取り返すことを決めました。まずは労働基準監督署に行き、未払い賃金について調査を依頼しました。その結果、労働基準法24条違反(賃金未払い)と最低賃金法違反ということで是正勧告が出て、未払い賃金を支払うよう店は指導されました。

しかし、未払い賃金となっているのは基本給部分だけでなく、残業代や賞与についてと、これまでの仕事の中で受けた精神的苦痛に対する慰謝料も請求したいとDさんは考えていました。また、Dさんような被害は2人目だということもあり、今後新たな被害者が出ないようにするためにも、店には反省してもらいたいと思い、それらの思いを実現するためにユニオンで団体交渉をすることにしました。

 

〇お店には、選手に誠実に対応するのと同じくらい、従業員にも誠実に対応してほしい

団体交渉を申し入れた際、店長は「悪かった」「精神的苦痛を与えたことはすまなかった」といい、誠実に対応すると約束してくれました。このお店の店長はフィギュアスケートの羽生結弦選手のスケート靴のメンテナンスを担当した方で、その妻は羽生結弦選手の指導も担当されたフィギュアスケーターの方でした。選手たちに対して向ける誠実さを、従業員の方にも向けてもらいたいと思います。

皆さんもぜひ応援してください。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ
TEL:022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休)
MAIL:sendai@sougou-u.jp
HP: http://sougou-u.jp/sendai/
twitter:@sendaikeyaki_u
facebook:@sendaikeyakiunion
**********************************

コメント