新型コロナで内定取り消しをした株式会社トライアンフに責任をとらせるため、労働審判を申し立てました!

活動報告

私たち仙台けやきユニオンは、本日「株式会社トライアンフ」に対し、不当解雇の撤回を求める労働審判を申したてました。この会社の東北オフィスで働く予定だったXさんが当組合に加入して交渉していました。Xさん(非新卒)は内定取り消し・不当解雇の被害にったからです。事案の詳細については、過去の記事をご覧ください。今回は、この間の経緯などをご紹介します。

 

新型コロナ問題で内定取り消し!不当解雇をした「株式会社トライアンフ」に対して団体交渉を申し入れました!(2020年4月20日追記)

株式会社トライアンフとの第一回団体交渉以降の報告。会社側の都合ばかりで労働者に対して不誠実な対応が続く。

「泣き寝入り」しない!「内定取り消し」の責任を取らせるために闘う組合員Xさんの思いを紹介します。

 

〇「適法に退職してもらっている」と言い張る会社。納得できません。

第一回の団体交渉以降、私たちは文書や抗議宣伝を通じて、会社の対応に異議申し立てを続けてきました。しかし、会社はあくまでも、今回Xさんに行った対応は適法だと言い張ります。Xさんは、正社員を前提として、最初の3か月は1か月契約の有期雇用という形で、何もなければ正社員雇用になるという契約でした。会社が新型コロナで入社日を遅らせた際に、Xさんは休業手当を請求したのですが、その後「1か月で契約を終了する」と言われたのです。雇用調整助成金の制度が緩和され、労働者を休業させて新型コロナが収まるのを待つことができたにもかかわらず、会社はXさんを解雇してきました。明らかに不当な対応です。

 

〇雇用調整助成金を使わずの解雇は認められない

雇用調整助成金の制度が大幅に緩和されている昨今、労働者の雇用を守るために会社はこの制度を活用すべきです。この制度を活用しなかったために、解雇が無効とされた判断が先月出されています。

「コロナ理由の解雇は無効、仙台  タクシー会社に支払い命令(2020年8月21日 共同通信)https://this.kiji.is/669523300456301665?c=39550187727945729

 

裁判所は明瞭で、「助成金を申請すれば休業手当の大半が補填できたと指摘した」として、解雇を無効と判断しています。このような判断は、今回のトライアンフの件にも当てはまるはずです。そもそも、トライアンフの社長はブログにて、「社員の雇用、生活を全力で守る」と発信し、雇用調整助成金を使う準備を整えていると発信していました。なぜ、Xさんにはやってくれなかったのでしょうか。今回のトライアンフの判断は、明らかに不当です。

 

〇会社に責任を取らせるため、労働審判を申し立てた

私たち仙台けやきユニオンは、会社に責任を取らせるため、引き続き抗議行動を行っていきますが、それと並行して、Xさんは労働審判にて、司法でも闘う決意をしました。本日、労働審判を裁判所に申し立てました。

 

〇Xさんの思い「怒りを禁じ得ない」

これまで当組合のブログや街頭での抗議活動を通して私の思いを知ってくれた皆様。また、当記事で私が企業を闘っていることを知ってくださった皆様。今回は私の現状とこれからの対応についてお話しさせていただきます。

私に不当解雇を言い渡した株式会社トライアンフは、この半年間で不当解雇を認めないという結論を提示し続けてきました。多くの組合員の皆様や、当組合の活動でこの報道に興味をもってくださった皆様にご協力いただきましたが、企業側は明らかに悪いことをしているというのに、全く悪びれた様子もなく、未だ謝罪の一つもありません。いよいよ我慢の限界です。

当記事の冒頭で結論は出ていますが、未だ多く残る矛盾や疑問点など、これを解決するまで私も組合も納得できないという結論に至り、私は労働審判を申し立てる決意をしました。

前述の通り、雇用調整助成金が利用されずに解雇されることは不当だという判断も裁判所でなされています。具体的な司法の判例も出ている以上、これ以上は司法の場で話し合いをすることになります。

琴線に触れたのは、最後に企業側から届いた文書で「仙台以外で就労できなければ退社という説明を再三に渡ってしてきた」という内容です。メールでも電話でもそんなことは一度たりとも説明されていません。何故このような嘘がつけるのでしょうか。怒りを禁じ得ません。今後も組合を通して抗議活動は継続していく所存です。抗議活動と労働審判を経て、少しでも企業側の態度を改めてもらいたいです。

抗議活動はまだ続いていきます。当記事をご覧になった皆様も是非宣伝にご協力いただいたり、関心を持ってこの案件を見守っていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

〇メディアにまた載りました

2020/09/09 読売新聞 宮城版 仙台けやきユニオン 「実質的「内定取り消し」30歳代男性 労働審判申し立てへ」紙面版のみ。

2020/09/25  共同通信 「コロナで「雇い止め」に申し立て 宮城の男性「不当」と労働審判」
https://www.47news.jp/news/new_type_pneumonia/5298801.html

→ほかにも、河北新報や毎日新聞、KHBや仙台放送などでも報道されました

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ
TEL:022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休)
MAIL:sendai@sougou-u.jp
HP: http://sougou-u.jp/sendai/
twitter:https://twitter.com/sendaikeyaki_u
facebook:https://ja-jp.facebook.com/sendaikeyakiunion/

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました