”1カ月で復職できる”という診断は「お医者さんがそう言っているだけ」!?団体交渉で解雇の不当性は明らかになりました!(東北互光株式会社)

活動報告

私たち仙台けやきユニオンは、東北互光株式会社に対し、組合員Xさんの不当解雇の撤回などを求めて8月31日に第一回団体交渉を行いました。

事案の詳細については過去の記事をご覧ください。

病気で1カ月休職を申し出たのに3週間後には解雇された!ビルメン管理の東北互光株式会社に団体交渉を申し入れました!

今回の団体交渉で取り扱った主な論点はこちらです。

①Xさんに対する不当解雇の撤回(損害賠償・復職)

②時間外手当の未払い賃金(全社員に対して)

③パワハラ・セクハラ行為の是正

交渉結果について、以下で詳しくご報告いたします。

 

①Xさんに対する不当解雇の撤回(損害賠償・復職)

今回の団体交渉で確信したのは、会社側は何も根拠がないにもかかわらず“Xさんの回復可能性が無く”、“復職は困難で話し合う余地が無い”と判断し、Xさんの復職へ向けた取り組みを全くせずに退職勧奨や解雇を行ったということです。

Xさんは復職を希望していましたが、当初は精神的に会社と直接または電話で話すなどをすることが難しかったため、メールや文書のやり取りなどでの話し合いを求め、会社に連絡していました。なぜそれでも会社は話し合いを持とうとすらしなかったのかとユニオンが問うと、会社側は会う・電話する以外の手段が「思いつかなかった」と答えました。このずさんな対応こそが、会社の精神疾患や安全配慮義務に対するリテラシーの低さを物語っています。

また、会社側は「病気の知識が無い」と言いながら、Xさんが復職できるというのは「お医者さんが言っているだけですよね」と発言するなど、医師の診断を軽視しており、会社として総合的な判断のもとで医師に確認する前に復帰が難しいと判断したと主張しました。

しかし、同様のケースであったにもかかわらず休職が認められた同僚とXさんの差は何なのか訊ねたところ、会社側は「確認しなきゃいけない」と回答しました。そのうえでXさんの解雇について「揺るがない解雇だというわけではない」と主張し、再検討する考えを示しました。

 

②時間外手当の未払い賃金(Xさん含む全社員に対して)

会社側はXさんに対しては未払い賃金が発生していたことを認め、支払うと回答しました。ユニオンとしてはXさんだけではなく、全社員に対して調査して支払いすることを求めています。

しかし会社側は、他の社員が現状組合員ではないことを理由に「それやらなきゃいけないという義務ってなんかどうなんですか?」と答え、「労働時間という拘束ではないという認識を持っていたら」払う必要はないと主張しました。

更には「一分単位で今後計算することというのはそれはない」、「不利益にならないようには配慮している」がそれは「手当という形」であり、「残業に対して支給するわけじゃない」、「もちろんそれは、前提として成果があったらっていうことが付きます」と労働基準法を無視する発言をしました。

時間外に対して支給するわけではなく、成果に応じて発生する手当なのだとすると、それは単なる昇給や手当に過ぎず、未払い賃金を支払ったことにはなりません。

Xさんに対する未払い賃金があったことを認めて払うと言いながら、今後も1分単位での賃金計算をするつもりがないと断言してしまう会社の態度は、労働基準法そのものを軽視しており、全く反省の色が見られません。

タイムカードの運用についてもユニオンは是正してほしいと求めていましたが、それについて会社は明言しませんでした。タイムカードは賃金計算をするためだけに記録をとるものではありません。雇用主は、社員の労働時間を管理する義務があります。

ユニオンとしては、適切なルールを設けて未払いや過重労働が今後無くなるよう会社に対して求めています。

 

③パワハラ・セクハラ行為の是正

この会社では取締役によるパワハラやセクハラが横行していました。

具体的には、事務所外で休憩を取っていて不在だった社員を「殺さなきゃいけない」とほかの社員にも聞こえるように発言する、社員をお前と呼ぶ・舌打ちするなどの高圧的態度をとる、Xさんを孤立させる言動をとる、女性社員の肩や背中などに不必要に触れる、などです。

会社側は、Xさんに対し「そう感じさせてしまったってことは当然申し訳ない」とハラスメントがあったことを全面的に認めて謝罪し、Xさんに対する慰謝料も検討すると回答しました。

また、今後はハラスメントが起きないよう再発防止策や社内外の相談窓口の整備も行うと約束しました。

〇東北互光株式会社は誠実に対応してほしい

今回の団体交渉で会社側は、Xさんに対する未払い賃金やハラスメントを認め、労働環境の改善に向けて前向きな回答をしています。また、Xさんの解雇についても再検討すると回答し、ユニオンで交渉した成果が出ています。

これは労働者が団結して声をあげ、会社に対し責任を問うたり、労働環境を改善することができると証明できるひとつの事象だと思います。

Xさんは復職して、会社がきちんと対応しているかをこの目で確認したい、みんなが安心して楽しく働くことのできる適切な労働環境を作っていきたい、と強く願っています。

ユニオンはXさんの不当解雇が撤回され、復職できるまで支援し、ともに戦っていきます!

東北互光株式会社に勤める方で、1分単位で賃金が支払われていないという方、ハラスメントで傷ついたという方は、ユニオンに加盟することでXさんのように会社と交渉することができます。ぜひお気軽にご相談ください!

**********************************

当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ

TEL:022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休)

MAIL:sendai@sougou-u.jp

HP: http://sougou-u.jp/sendai/

twitter:https://twitter.com/sendaikeyaki_u

facebook:https://ja-jp.facebook.com/sendaikeyakiunion/

**********************************

 

コメント

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました