解決事例の報告。宮城県内で官公庁などから委託され食堂を運営するA社で起きていた、未払い賃金やパワハラ、不当な賃下げについて解決しました!

活動報告

仙台けやきユニオンです。この度、官公庁などから委託され食堂を運営するA社で起きていた労働問題について解決し、和解が成立しましたので報告いたします。

〇定年後に不当な賃下げをされたものを一部撤回。今も働き続けている

この事案の当事者は、60代のJさんです。残業代未払い、パワハラ、定年後再雇用後の不当な賃下げ問題について会社と交渉していました。その結果、請求額に近い未払い賃金の支払いを実現し、同じ仕事をしていたのに賃下げされてしまった部分については、定年前の水準に近づける賃上げを実現し、下がっていた差額分の賃金も支払われました。給料が月17万円まで下がったのが、月20万5千円まで引き上げることができたのです。定年後、同じ仕事をしているのに賃金が下げられる事例が多い中、今回の勝利は大きな成果と言えると思います。
パワーハラスメントについても、会社として、今後は行わないように約束してくれており、以上のような解決の上で、組合員は現在も職場で働き続けています。
組合員であるJさんは在職ですので、引き続き労働環境について監視を続け、違法な対応などのない、働きやすい職場環境を実現したいと思います。

〇当事者Jさんのコメント

在職約13年になります。この会社では過去にいろいろと問題がありました。入社2年目あたりに入院し、1ヵ月半後に職場復帰したのですが間もなく、一方的な不利益変更を求められました。その際は裁判も辞さないと強く抗議し撤回させたのですが、その後いろんな形でパワハラがありました。すでに時効になった件もありましたがその中で、会社を良くしていくと言う上司が現れ、パワハラなどの事柄を相談してきましたが、結局は会社側の人間でした。定年を迎え、これまでの出来事を社長に会う機会があり尋ねたのですが、しらを切られ、後日、これまで相談してきた上司が来て、定年後にも仕事していく上でいまだにその様な事を言って会社と向き合ってやって行けるのかと言われました。結局、問題を解決しようという態度ではなかったのです。この事が、自分の中で闘っていくしかないと決断した大きな理由です。
その後、色々ある労働組合関係の中から、仙台けやきユニオンにお世話になることに決め、昨年の11月から団体交渉がはじまり、その後数回の交渉と、街宣活動もしてきました。その間組合員の皆様のお力添えや励ましを受けながら、組合員皆で意見お出し合い進めて来た結果、当初思っていたより早い解決となり、今年の8月には和解となりました。内容的には、勝ち取ったものが多いかなと思います、引き続き監視して、同じ思いをする人が無いよう願いたいと思います。

 

**********************************

当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記の連絡先までどうぞ

TEL:022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休)

MAIL:sendai@sougou-u.jp

HP:http://sougou-u.jp/sendai/

twitter:https://twitter.com/sendaikeyaki_u

facebook:https://ja-jp.facebook.com/sendaikeyakiunion/

**********************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました